中年男性の悩みといえば…加齢臭!

加齢臭とは?

中高年期に入ると、中高年の特徴とも言える“ある体臭”が顕著に表れるようになるのです。それは、加齢臭!

加齢臭とは、男性の身体に40代頃から発生する中高年特有の体臭で、2000年に研究者によって命名されたものです。

「加齢臭はなぜ発生するの?」「加齢臭を抑制するためにはどうすればいいの?」

今回はそんなあなたのために、加齢臭の基礎知識についてご紹介しましょう。
加齢臭を解消するためには、まず加齢臭の原因を知ることが重要です。

中年男性の悩みといえば…加齢臭!

加齢臭の原因は、ノネナール

加齢臭の発生は、ある物質が原因となっていました。その物質は、”ノネナール”

つまり、「おじさん臭」とも言われていた加齢臭は、ノネナールの臭いなのです。

 

ノネナールは皮脂に含まれるパルミトオレイン酸のようなω-7不飽和脂肪酸が酸化分解されることで発生します。

 

加齢臭の発生には、食生活の欧米化により血管の中に蓄積したコレステロールが皮脂の分泌を増加させることなどが関与しているといいます。

中年男性の悩みといえば…加齢臭!

中年男性の体臭は、加齢臭のみならず!

40代・50代のあなた。あなたの体臭は加齢臭の特徴であるノネナールの臭いだけでなく、その他様々な臭いと混ざり合っている可能性があります。

というのも、体臭は身体の様々な場所から臭いが発生しているからです。

 

たとえば、足むれ臭。足むれ臭は日常最も体験しやすい悪臭のひとつです。加齢臭と同様に、足の臭いを気にしている方も多いのではないでしょうか。

また、頭皮臭や腋臭、タバコやアルコール、衣料などに付着した臭いなどが加齢臭と混ざり合い、体臭を悪化させる原因となっているかもしれません。

 

そのため、体臭対策では、加齢臭はもちろん、その他の臭いにも目を向けるようにしましょう。