加齢臭の主な原因はノネナール

「パパ臭い!おじさんの臭いがする!」「うっ…」

40代、50代の働き盛りのみなさんは、年頃の娘さんに家庭で敬遠されることも増えてきたのではないでしょうか。

悪いことをしたつもりもないのに、自分から中高年特有の強烈な加齢臭(おやじ臭)が発せられるのは嫌ですよね。
加齢臭は、40代や50代で分泌量が増加するノネナールが主な原因です。今でこそ男性特有の臭いとされる加齢臭ですが、実は女性向け商品開発のために研究されたのがノネナールでした。

つまり、ノネナールは男性特有ではなく、女性にも広く見られる成分なのです。人類共通の悩みといえます。

ただし、皮脂や汗などの老廃物は女性よりも多く、その分臭いは強くなりがちです。「青臭さ」や「油臭さ」などの加齢臭が男性に目立つのは、臭いの強さに原因があると考えられます。

加齢臭の主な原因はノネナール

ノネナールの発生メカニズム

ノネナールは、9-ヘキサデセン酸が分解されることによって生成されます。

9-ヘキサデセン酸は、老化と共に増加する成分で若い人にはほとんど見られないものです。
加齢と共に分泌が増えた9-ヘキサデセン酸は、皮膚に蓄積され分解されます。

分解は、過酸化脂質と皮膚上の常在菌によってもたらされます。

過酸化脂質はコレステロールから生成されるもので、体内の活性酸素量に比例して増加します。比例して増加した過酸化脂質は、9-ヘキサデセン酸の分解を促進します。

また、老化に伴う代謝の悪化で老廃物が堆積すると常在菌が増加します。常在菌自体は病原性を示さないものですが、9-ヘキサデセン酸の分解を促す効果があります。

さらに、加齢による男性ホルモンの減少により、活性酸素量がさらに増加します。男性ホルモンには、活性酸素を除去する機能が備わっているからです。上でも見たとおり、過酸化脂質は活性酸素と比例して増加していきます。

以上がノネナールの生成メカニズムです。年齢を重ねるごとに体の抗酸化作用が弱まり、ノネナールは爆発的に増加するのです。

ノネナールの対策方法

加齢臭対策は、ノネナール自体の抑制と、9-ヘキサデセン酸の分解抑制の2つに分けられます。

ノネナールの抑制には、ノネナールを形作るアルコールフェノール類や脂肪酸、アルデヒド類の減少が重要です。

まずは、食生活や飲酒、喫煙の習慣を見直してみましょう。暴飲暴食や深酒などの生活習慣の乱れが、加齢臭の引き金となる活性酸素を増加させるからです。

たとえば、飲酒は肝臓がアルコールを処理する過程で、喫煙はタバコを吸い込む過程で活性酸素を発生させます。しかも、タバコは活性酸素のひとつである過酸化水素を含み、ダイレクトに悪影響が及ぶ可能性があります。

そのため、規則正しい生活を心がける必要があります。

同時に、抗酸化作用のある食品を意識的に取り入れることもひとつの手です。バナナやカボチャ、人参、トマト、キャベツなどはビタミンCやミネラルなどの抗酸化作用成分が豊富に含まれています。

肉類が持つ動物性脂肪は体内で酸化するので、一緒に抗酸化物質を持つ野菜を摂ることが重要です。

もちろん、偏るのではなく、バランスよく野菜を摂取して食事しましょう。継続的な試みが加齢臭を弱め、予防してくれます。

ノネナールの基となる9-ヘキサデセン酸の分解抑制には、抗菌剤と酸化還元剤が有効です。酸化を促す菌類の増殖抑制に加え、9-ヘキサデセン酸の酸化自体を抑えようというものです。

2つの成分が含まれている消臭スプレーも有効で、制汗効果・消臭効果・殺菌効果のあるミョウバン水を利用する方もいます。

加えて、シャンプーで洗い流してもいいでしょう。実は頭皮には全身で最も皮脂腺があり、加齢臭を促しやすいからです。泡立ちを意識し、指の腹を使って頭皮をマッサージします。

注意点は、爪を立てて洗髪しないことです。傷ついた皮膚を保護するために、皮脂が分泌されてしまうからです。あくまでも優しく丁寧に汚れを落とすことが重要です。

石鹸系ボディソープの利用も有効です。特に、耳の後ろは洗い忘れが多く、古い皮脂が堆積していることも珍しくありません。

加齢臭の主な原因はノネナール

ミドル脂臭の原因はジアセチル

40代や50代に数多く見られるノネナール由来の加齢臭(おやじ臭)に加え、比較的若いうちからミドル男性特有の「ミドル脂臭」という臭いが発せられることがあります。
30代や40代をピークに生じるミドル脂臭の原因物質は、株式会社マンダムの研究によってジアセチルと発表されています。ジアセチルは、男性の臭い強度を嗅覚測定において調査した際、30代や40代の男性においてニオイが最も強かった後頭部の皮脂から抽出された物質です。

女性が「不快」と感じる油臭い・バター臭いがジアセチルの特徴です。チーズやヨーグルトなど、発酵食品の主要な臭い成分で、口臭の1.4倍、足臭の1.5倍の臭いを誇る強烈な悪臭因子です。

ジアセチルは30代から40代の間で年齢と共に増加する傾向にあり、40代をピークとし、徐々に減少していくことも研究で明らかにされています。

皮脂量の多い頭部には、中鎖脂肪酸などのニオイ成分が多く存在します。特に、男性は皮脂分泌がピークの状態です。

ジアセチルと皮脂によるニオイ成分が混合し、ミドル脂臭が発生するのです。

なお、ミドル脂臭は40代半ばを過ぎると緩和されていきますが、今までジアセチルと混合していた中鎖脂肪酸などが減少することで、ミドル脂臭が弱くなるのです。

近年では、ジアセチルとアルツハイマー病の関連も疑われています。

ジアセチルの発生メカニズム

ジアセチルは、皮膚に存在する表皮ブドウ球菌と黄色ブドウ球菌などの皮膚常在細菌の働きが原因です。

ブドウ球菌は全ての人の体に存在する常在菌で、細菌の侵入から体を守ります。特に人の鼻の中には必ず存在し、健常な体の状態を作るのに一躍買っています。

しかし、皮膚常在細菌は乳酸を取り込む作用を持っています。人間の汗中に含まれる乳酸を取り込む過程で、悪臭を放つジアセチルが生じるという訳です。

生活習慣とミドル脂臭

ミドル脂臭の発生には、生活習慣も大きく関係しています。乱れた生活習慣を続けていると、皮脂分泌が活発化します。中鎖脂肪酸などの成分が産出され、ジアセチルと結びついてミドル脂臭を発生させます。

 

喫煙

タバコに含まれるニコチンは、脳内の体温調節中枢を刺激し、エクリン汗の発汗を促進させます。エクリン汗の発汗が促進することでジアセチルの産出が活発化し、ミドル脂臭が発生します。

 

過度の飲酒

アルコールには、アセトアルデヒドや酢酸といったニオイ成分が含まれています。

適度な飲酒の場合、これらの臭い成分は尿として排出されますが、過度な飲酒の場合には汗からも排出されます。

汗に含まれるアセトアルデヒドや酢酸などの成分とジアセチルが結びつくと、ミドル脂臭となります。

 

栄養バランスの偏った食生活

栄養バランスの偏った食生活をしていると体脂肪が増え、それが皮脂として肌の表面にも現れます。肌に放出された皮脂は後に酸化し、中鎖脂肪酸となってジアセチルと混合。ミドル脂臭が発生します。

このほか、ストレスや肥満、運動不足などミドル脂臭の原因として挙げられます。

ミドル脂臭の原因はジアセチルだけでなく、ジアセチルと結びつく中鎖脂肪酸などのニオイ成分も関係しているようです。

体臭を改善するためには、制汗剤や洗浄に気を遣うのはもちろん、ジアセチルや中鎖脂肪酸の産出を抑制するためにも、生活習慣の見直しも図ることが大切です。