更年期障害は男性にも起こる「男性更年期障害」とは

更年期障害は男性にも起こる

突然ですが、40代、50代の男性の方にお尋ねします。最近なんだか疲労が取れない、眠れない、めまいがする、やる気が起きない、性欲が湧かないなどの症状に悩まされていませんか?もしかすると、原因は男性の更年期障害かもしれません。

 

ホルモンバランスの乱れが原因の更年期障害は、閉経を迎える前後の期間(45~55歳)に卵巣の機能低下により体調の変化や不調が出る女性特有の症候群として広く認知されてきました。ですが、ホルモンバランスの崩れが要因の更年期障害は男性にも起こります。うつ病などの合併症を患っている可能性もあるため、自覚症状のある方は要チェックです。

更年期障害は男性にも起こる「男性更年期障害」とは

LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)とは

男性更年期障害は、日本泌尿器科学会と日本Aging Male研究会の合同チームにより正式に、LOH症候群(加齢男性生鮮機能低下症候群)との名称が付けられています。LOH症候群は、簡単に説明すると「加齢によって男性ホルモンであるアンドロゲンが低下し現れる諸症状」のことです。

 

LOH症候群は、「加齢によって男性ホルモンであるアンドロゲンが低下」することに着目していますが、男性更年期障害は、加齢によるアンドロゲンの低下のほか継続的な心労から来る「ストレス性心身症」が合併して発症します。そのため、病態が複雑であり、加齢によるアンドロゲンの低下のみが発症の原因であると決めつけることはできません。

男性更年期障害は「加齢」と「ストレス」が原因

男性更年期障害は、交感神経と副交感神経から成り立つ自律神経系のバランスが壊れた場合に生じる自律神経失調症のひとつです。交感神経は「闘争と逃走の神経」と呼ばれるとおり、激しい活動を行っているときや不安・ストレス・恐怖などを感じているときに活性化します。一方、副交感神経は「身体の修復」が主な役割で、睡眠中やリラックスしているときに活性化します。これら自律神経系のバランスが壊れることによって、精神的・身体的に様々な不調が出てくるのです。

 

男性更年期障害において自律神経系のバランスが壊れる要因は、男性ホルモン(アンドロゲン)の1種である「テストステロン」が減少するためです。男性ホルモンであるアンドロゲンには「テストステロン」「デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)」「ジヒドロテストステロン」の3つの種類がありますが、約95%が睾丸(精巣)で残りの5%は副腎で生成される「テストステロン」はもっとも分泌量が多く作用も強いのです。そのため、テストステロンの減少が男性更年期障害の主な要因になると考えられています。

テストステロン自体の減少は、「加齢」「継続的にかかるストレス」が原因です。そのため、個別にそれぞれ見ていく必要があります。

 

男性ホルモンの1種のテストステロン分泌量は20代がトップ!以降は減少へ

まず、テストステロンの分泌の減少を、「加齢」の面から見ていくことにしましょう。男性のテストステロンの分泌量は、20代をピークとして加齢とともに減少します。

診断の際は、血中で蛋白と結合していない遊離型テストステロンの数値が参考になります。以下は遊離型テストステロン値の平均を出したものです。加齢によって平均値が下がり続けることが見て取れると思います。(遊離型テストステロン値は個人差が大きいことに注意してください)

 

遊離型テストステロンの平均値

20歳代

30歳代

40歳代

50歳代

60歳代

70歳代

平均値

16.8
(pg/ml)

14.3
(pg/ml)

13.7
(pg/ml)

12.0
(pg/ml)

10.3
(pg/ml)

8.5
(pg/ml)

出典元:「加齢男性性腺機能低下症候群(LOH 症候群)診療の手引き」
https://www.urol.or.jp/info/data/gl_LOH.pdf

 

継続的にかかるストレスでテストステロンの分泌が止まる

次に、テストステロンの分泌の減少を「継続的にかかるストレス」の面から見ていくことにしましょう。更年期にさしかかる40代、50代の男性は、20代、30代よりも日々ストレスを受ける生活環境にいる場合があります。たとえば、職場では管理職に就くなど責任のある立場を任される年齢に差し掛かり、上司や部下、取引先との関係や出世の重圧を日頃から感じている可能性があります。また、家庭では夫婦関係の冷えや子供の独立など孤独で寂しさを感じることもあります。

 

テストステロンの分泌は、「加齢」のほかに「継続的にストレスを受けること」でも減少します。ストレスを受けると、睾丸(精巣)が男性ホルモンの生成を止めてしまうからです。

 

ストレスを受けた場合、自律神経と内分泌系機能をコントロールする器官である視床下部からCRH(副腎皮質刺激ホルモン)というホルモンが放出されます。多くのホルモンを分泌する器官である脳下垂体はCRHを受け取り、ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)を放出します。この際、脳下垂体は、ACTHの生産に専念するため他のホルモンの生産を止めてしまいます。脳下垂体は、睾丸(精巣)を刺激する性腺刺激ホルモンも普段生産しているため、ACTHの生産に集中している場合は、性腺刺激ホルモンの生産も止まってしまいます。睾丸(精巣)を刺激する性腺刺激ホルモンが生産されないために、男性ホルモンの生成がされません。したがって、継続的にストレスを受ければ受けるほど男性ホルモンの生成は抑制されてしまうのです。

更年期障害は男性にも起こる「男性更年期障害」とは

男性更年期障害の症状

男性更年期障害は、大別すると「精神・心理症状」「性機能関連症状」「身体症状」の3つの症状が見られます。体調が悪い自覚症状はあるが、検査をしても原因が見つからない「不定愁訴」の症状が特徴です。

 

精神・心理症状

やる気の減退

朝から気分がすっきりせず、体を動かす気が起きません。倦怠感が体を覆うため、新しいことに挑戦する意欲が湧かないことも特徴です。原因がわかりにくいため、家族や職場など周囲からは「だらけている」「怠けている」と評価されることがあります。不定愁訴の代表的な症状です。

 

抑うつ感の増大

うつ状態が続き、何となく心苦しく元気の出ない状態が続きます。不安感や絶望感など、憂うつな精神状態が強く感じられます。さらに、何をしても楽しくないという精神状態が続くため、ますますうつ状態から抜け出せない悪循環に陥ります。

 

記憶力や集中力の低下

やる気の減退に伴い、記憶力や集中力が低下します。たとえば、仕事の会議中うわの空で発言する、前日の業務内容が覚えられないなどといった症状が発現します。

 

性機能関連症状

性欲減退

性的欲求が減少します。疲労や不安で性的欲求が一時的に減少することがありますが、以前に比べて慢性的に性行為やマスターベーションに興味が持てなくなることが特徴です。勃起の質が低下するEDと共に発症することが数多くあります。

 

ED

勃ちが悪い、中折れしてしまうなどED(勃起機能の低下)の症状が現れます。英語で「Erectile Dysfunction」といい、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と定義されています。男性更年期障害の症状の見極めとしては、特に夜間睡眠時勃起、いわゆる朝立ちがあるかどうかが判断基準のひとつになります。

 

身体症状

頭痛

個人差はありますが、頭を締め付けられるような痛みが一日中続きます。弱めの力で継続的に頭を締め付けられる感覚があり、日常生活に影響を及ぼします。

 

ほてり、発汗(ホットフラッシュ)

ホットフラッシュは、のぼせやほてりなどによって身体が突然熱くなることをいいます。自律神経のバランスが崩れることにより、血管の収縮と拡張のコントロールができなくなることが原因です。具体的には、動悸により大量の汗をかく、ほおが赤くなるといった症状が出ます。

 

不眠

不眠症が発症することもあります。不眠症の種類には、なかなか眠りにつけない「入眠困難」、起床するまで何度も目が覚める「中途覚醒」、起きたい時間よりも2時間以上早く目が覚めその後眠れなくなる「早朝覚醒」、眠りが浅く疲れが残る「熟眠障害」があり、このどれかが個別・同時に発症することがあります。

 

めまい

身体が浮き上がるような浮動性のめまい症状が出る場合があります。自律神経のバランスが崩れることが主な原因で、過労によるストレスや睡眠不足によっても起こることがあります。

 

筋力の衰え

LOH症候群では、加齢により筋肉を形作るテストステロンの分泌量が減少するため、結果的に筋肉量も減少します。疲労感が取れにくく、場合によっては怪我の原因にもなるため注意が必要です。

 

体毛と皮膚の変化

男らしい身体を作るテストステロンの減少は、体毛や皮膚にも影響を及ぼします。たとえば、体毛が薄くなり、ひげの伸びが遅くなります。また、皮膚周りの皮脂や水分が減少することで皮膚が乾燥し、かゆみが出てきます。

 

骨密度の低下

骨密度減少により、骨折リスクが高まっている状態を骨粗しょう症といいます。更年期に差し掛かると徐々に骨粗しょう症が進行していきますが、LOH症候群はそのスピードを早めてしまいます。骨量減少を保護する男性ホルモンが急激に減少するからです。

 

うつ病やメタボリックシンドロームなどの合併症に注意!

男性更年期障害は、男性ホルモンの1つであるテストステロンの減少によって発症しますが、うつ病や適応障害がしばしば合併します。また、テストステロンの減少による、内臓脂肪型肥満であるメタボリックシンドロームの誘発も見逃せません。テストステロン濃度が低いことはメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)リスクを高めるからです。

内臓脂肪が高まると、肥満や脂質異常症、高血圧、高血糖など動脈硬化の要因を複数併せ持つ状態に陥りやすくなります。これをメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいますが、メタボリックシンドロームは心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす要因になります。男性更年期障害の症状を自覚している場合は、放置せず病院を受診しましょう。

男性更年期障害の治療法

男性更年期障害の治療は、医師との相談の上での男性ホルモン補充療法が一般的です。女性の更年期障害は多くの場合回復が見られますが、男性の場合は待っていても回復しません。そのため、男性ホルモンであるテストステロンを補充する必要があるのです。日本の診断基準では、20歳代の遊離型テストステロン正常下限値は8.5pg/mlと定められていますが、遊離型テストステロン平均値の70%(YAM)である11.8pg/ml未満の方も治療の対象になります。

 

遊離型テストステロンの正常下限値

20歳代

30歳代

40歳代

50歳代

60歳代

70歳代

正常下限値

8.5
(pg/ml)

7.6
(pg/ml)

7.7
(pg/ml)

6.9
(pg/ml)

5.4
(pg/ml)

4.5
(pg/ml)

出典元:「加齢男性性腺機能低下症候群(LOH 症候群)診療の手引き」
https://www.urol.or.jp/info/data/gl_LOH.pdf

 

遊離型テストステロンが8.5pg/mlの正常下限値を下回る方の男性ホルモン補充療法は、テストステロン注射(エナルモンデポー)やグローミンなどの外用薬塗布を利用する治療がとられます。また、遊離型テストステロンが8.5~11.8pg/mlの方は、漢方薬やプラセンタ注射、サプリメント摂取などの男性ホルモン補充療法以外の治療が先にとられます。改善が見られない場合は、必要に応じ男性ホルモン補充療法がとられます。

 

遊離型テストステロン値の測定の他には、AMSスコアという男性更年期障害の質問紙が使われることがあります。質問紙で自覚症状をチェックすることによって、総合的に男性更年期障害を診断していく訳です。

 

診断方法としては、まず、「ひげの伸びが遅くなった」「神経質になった」「力尽きた・どん底にいると感じる」などの17の質問項目を、「なし」「軽い」「中等度」「重い」「非常に重い」の5つの選択肢の中から1つ選んで埋めていきます。次に、それぞれのスコアを足し合わせることで総合的な点数を出し、男性更年期障害の程度を見ていくというものです。

前述のとおり、男性更年期障害は加齢によるテストステロン量の減少だけが要因ではありません。そのため、自覚症状の程度を含めて判断していく必要があるのです。

 

遊離型テストステロン値が正常でも男性更年期障害を発症する場合がある

実際、男性更年期障害の症例を訴える方の中には、治療の対象となる遊離型テストステロン値が正常であっても、男性更年期障害の自覚症状を有する方がいます。遊離型テストステロン値が正常ながら、男性更年期障害を訴える症例は30%にも上るのです。これに該当する方は、男性ホルモン補充療法の対象にはなりません。男性ホルモン補充療法の効果が薄く、副作用のリスクが考えられるからです。そのため、漢方薬やプラセンタ注射などを組み合わせての治療のみになります。

 

男性更年期障害は、LOH症候群のほかにうつ病や適応障害を合併症として患っている可能性があり、遊離型テストステロン値が正常な方は、特にその可能性が高いことが考えられます。そのため、男性更年期障害は、LOH症候群とうつ病・適応障害などのストレス性心身症を平行して診断・治療していくことが必要なのです。