マカとは?

マカとは

マカは、約4000m~5000mの高地で植生するアブラナ科の多年草植物で、原産国は南米ペルーです。

 

世界で最も高い場所で栽培される作物とも言われており 、ペルーでは、3000年前より野菜作物として栽培されています。

 

カブのような形をした根茎部分は、食材として重宝されています 。

マカとは?

マカに含まれている成分

マカには、様々な成分が含まれています。

 

含まれていると言われている成分には、n‒3系脂肪酸であるリノレン酸、飽和脂肪酸であるパルミチン酸、一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸などの脂質、鉄、カルシウム、銅などのミネラル、必須アミノ酸などがあります。

 

アミノ酸は三大栄養素であるたんぱく質を構成する有機化合物ですが、ひとつでも欠けるとたんぱく質を合成することができず、必須アミノ酸と呼ばれるロイシンやイソロイシンなどの栄養素は、体内で作り出すことができません。

 

そのため、普段の食事から摂る必要があります。

マカとは?

健康食品としてのマカ

マカには強壮作用があると言われており、男性では性欲が改善するなど一部有効性が示唆されています。

 

なお、男性の性欲増進を目的として摂取する場合の目安量は、1日1500mg~3000mgです。

マカの安全性

適切に用いた場合(食べ物に通常含まれる量を摂取する場合)は、ほとんどの人に安全です 。