40代・50代の資金運用

貯金0…?バブル当時から浪費癖が改善できない

■バブルからお金の遣い方が直らない

現在、40代半ばから50代、いわゆるバブル世代の方々は、

高度経済成長やバブル経済といった景気の良い時代を経験している年代。

そのため、元来消費意欲が旺盛な浪費家年代、本物思考の強い年代といわれています。

 
実際に、この年代の消費額は日本の景気回復実感と共に増加しており、

アベノミクス後には

“収入が変わらないものの支出は増えている”という人の割合も増加しているようです。

 

しかし、バブル世代の皆さん!

今後の生活のことを考えれば、今のままではいけません。
お金の使い方が荒いままでは、老後貧困になってしまう可能性も0ではないのです。

貯金0…?バブル当時から浪費癖が改善できない

■このままだと、老後貧困の危機…!?

人生には、様々なリスクがあります。高齢で身体がいうことをきかなくなる可能性もあれば、

思いがけない事故や病気で障害を負う可能性だってあります。
そうなれば、働くことができなくなり、安定した収入を得ることは難しくなるでしょう。

 

老後に必要となる生活費(夫婦2人の場合)の平均額は、1ヶ月あたり約23万円と試算されています。

つまり、老後安定した生活を送るためには、1年間で約276万円の費用が必要となるわけです。

また、これはあくまでも最低限の水準。

そのため、「セカンドライフを満喫したい」という方であれば、

更に必要な生活費が増えることでしょう。

 

では、こういった老後のリスクや老後の生活に対して、

どのように対策をとればいいのでしょうか?

中には、「年金でなんとかなるだろう」とお考えの方もいるかもしれませんが、

年金は20歳から60歳になるまでの40年間、全期保険料を納めた方にしか支給されません。

さらに、支給額に限度があるのも難点といえます。

 

そこで、貯蓄です。

 

貯蓄は、備荒的資金となるものです。
また、資産運用などで財産を増やす手段にもなるため、

貯蓄は、快適なセカンドライフを送るためには、必要不可欠なものであるといえます。

よって、中高年期に入っても浪費癖が抜けないという方、

一向に貯蓄ができないという方は、注意が必要といえます。

 

今からでも現在の生活を見直し、老後に備えて貯蓄をはじめておくのが望ましいでしょう。

貯金0…?バブル当時から浪費癖が改善できない

■今からでも遅くない!浪費癖を直して貯金癖をつけよう!

老後に備えて十分な貯蓄を行うには、以下のポイントがあります。

 

・家計管理
適切な収支管理の習慣化は、理想的なライフプランを実現していく上で欠かせないものです。

現状の収入や支出をしっかり把握し、計画性のない支出を抑え、収支の改善に努めましょう。

 

・生活設計
自ら構想するライフプランを明確化することが大切です。それを基に、自分の老後生活にはどの程度の金額が必要かを考え、計画的に貯蓄や資産運用を行う姿勢を身につけましょう。

 

【適切な貯蓄のために】
①「いつ」「何のために」「どれくらい」の資金が必要かを把握します。

②今ある資金を、「いつでも使える資金」、「教育や住宅取得など、目的に備えて貯めておく資金」

「長期運用資金」の3カテゴリーに分けます。

③各カテゴリーの性質に合わせて、貯蓄の方法を選びます。

40代・50代の資金運用