前立腺肥大と男性頻尿

前立腺肥大とは

「最近、やけにトイレの回数が多い気がする……」というような症状を抱えているあなた。もしかしたらそれはただの頻尿ではなく、前立腺肥大かもしれません。

 

トイレの回数増加は、前立腺肥大に関係があります。

 

前立腺は膀胱の下にあり、年齢と共に肥大します。これは50歳以上の方に多くみられる生理的な老化現象です。特に治療が必要な状態を前立腺肥大症といい、これは非癌性(良性)の病気です。

前立腺が肥大することで尿道を圧迫し、排尿が困難になってしまうことがあります。

排尿の困難により尿が膀胱内に長くとどまると、尿路感染症になりやすい上、膀胱に結石ができることも。さらに、閉塞の期間が長くなれば、膀胱だけでなく腎臓に損傷をきたすリスクも高まります。

 

あなたの頻尿が前立腺肥大症の症状である可能性は、0とはいえません。そのため、決して「頻尿くらい……」と侮らず、症状が気になる方は病院で診てもらうようにしましょう。

前立腺肥大と男性頻尿

頻尿は前立腺肥大症の初期症状

前立腺肥大症の最初の症状としてあげられるのが、頻尿です。前立腺が肥大してくると尿の流れが悪くなってしまうので、膀胱が完全に空になりません。そのため、排尿回数が増えるといった症状を引き起こします。

さらに、急に尿意を催すようになることもありますし、尿の量が減ることで排尿の勢いが弱まりポタポタと滴ってしまうこともあります。中でも、夜間頻尿は、夜間トイレに行きたくなって何度も目が覚めてしまうことから睡眠障害の原因となります。

 

こういった頻尿に加え、前立腺肥大症では前項でもご説明した尿路感染症や膀胱結石、排尿の困難などの症状がみられます。腎臓へ損傷を与えるおそれもあります。

 

健やかな生活を維持するためには、頻尿などのちょっとした身体の異変を軽視しないことが重要です。

前立腺肥大と男性頻尿

前立腺肥大症の原因と治療法

前立腺が肥大する原因は、まだはっきりとは解明されていませんが、男性ホルモン、特にテストステロンが関連していると考えられています。そのため、薬物治療では、前立腺を肥大させる男性ホルモンの働きを阻害してくれるフィナステリドやデュタステリドが用いられることがあります。

しかし、フィナステリドやデュタステリドでは症状が改善されないことも……。

 

そこで、用いられるのが、アルファ遮断薬です。アルファ遮断薬は前立腺と膀胱の筋肉の緊張をゆるめ、尿の流れを改善します。症状によっては、フィナステリドやデュタステリドとアルファ遮断薬が併用されることもあるようです。

また、薬で効果が出なかった場合などには、手術が行われることもあります。前立腺肥大症で最もよく行われている手術としては、経尿道的前立腺切除術(TURP)があげられます。

 

このように、前立腺肥大症の治療法にはいくつかの種類があります。医師と相談をしてベストな治療法を決めると良いでしょう。

なお、前立腺肥大の改善にはノコギリヤシの成分も有効であるといわれています。近年では、そのノコギリヤシの成分を配合した健康食品なども多数登場しています。

 

前立腺肥大が気になる人は医師に相談してみましょう。

治療の必要がないと言われても、気になる場合にはノコギリヤシの成分を配合した健康食品を試してみてはいかがでしょうか。