意外と気づいていない 自分の口臭の確認方法

自分ではなかなか気づかず、対処が遅くなってしまうのが口臭です。家族や友人など身近な人に指摘されて初めて気づくことは多いのではないでしょうか。

口臭の確認方法について紹介します。今すぐ自分の口のニオイ(におい)を確認したい人は必見です。

人と話していて、さりげなく後ずさりされたり、顔をしかめられたりした経験はありませんか?心当たりのある方は、もしかしたら口の臭いが原因かもしれません。

口臭は自分の臭いであるために、鼻が慣れてしまって、自分では気づきにくいことがあります。また、もしあなたの口から不快な臭いを発していたとしても、他人が指摘してくれるとは限りません。

口臭のチェック方法を知って、自分の口のニオイについて知ることで、早めに対策を行うことが大切です。

意外と気づいていない 自分の口臭の確認方法

自分で口の臭いを確認する方法

まずは自分でも簡単にできる口臭のセルフチェックの方法について確認してみましょう。

 

コップに吐いた息を嗅ぐ

コップを使った口臭を確認する方法です。

やり方は、コップに大きく息を吐き、コップで手にフタをします。その後、一呼吸おいてから、コップの中に吐いた息を嗅ぎます。

注意点は、吐いた息が空気と混ざって分かりにくい場合があるので、口臭の強い朝一番に行うことです。

 

ビニール袋に息をためて嗅ぐ

コップの代わりにビニール袋を使用した口臭を確認する方法です。

やり方は、ビニール袋を用意して、大きく息を吐き出し、ビニール袋の口を素早く手で絞り、これを繰り返します。袋が吐いた息である程度いっぱいになったら、呼吸を整えてから、ビニール袋の口を少し開けて、鼻で臭いを嗅ぎます。

 

マスクを使用して口臭を確認する

マスクを使用して口臭の確認ができます。

マスクを1時間程度つけて過ごした後、使用したマスクのニオイを嗅いでみます。この時、マスクは匂いつきのものではなく、シンプルな無臭のものを使用するようにしましょう。

口のニオイを客観的に判断する方法

先に紹介した方法は、自分の臭いを自分で嗅ぐというものなので、客観性に欠けてしまうことがあります。自分の判断に不安のある方は、下記の方法がおすすめです。

 

市販の口臭チェッカーを使う

市販の口臭チェッカー(ブレスチェッカー)を使って、口臭の有無を確認することができます。使い方は、測定器に息を吹きかけることで、口のニオイが数値化されます。口臭チェッカーの値段はリーズナブルなものから、少し高めのものまで様々あります。口コミやおすすめ人気ランキングなどを参考にして、自分の気に入った口臭チェッカーを利用してみましょう。

口臭チェッカーを利用する際の注意点としては、ニオイが測定器により数値化されるので、ニオイの種類が分からないということと、ガムなどに含まれるミントの香りなどにも、数値として現れてしまうということです。

 

家族や信頼できる人に嗅いでもらう

自分の臭いは分かりにくいという点もあるので、あえて家族など信頼できる人に、ニオイを嗅いでもらう方法もあります。自分の口の臭いは他人には嗅がせたくないものですが、友人や職場の同僚から自分の口の臭いを指摘されるよりは、恥ずかしさが少なくなります。

家族などに臭いを嗅いでみてもらう場合でも、ハァッと強く息を吐けば、相手に不快な思いをさせてしまう恐れがあるので、自分が静かに息をしている時に、相手に鼻を近づけて確認してもらいましょう。もちろん、臭いを確認する相手の了解があれば、直接息を吐いてもらってもかまいません。

臭い場所の確認方法は

これまで、口の臭いの確認方法について紹介してきましたが、口臭は単に口から出るものではありません。口臭の原因によっては口以外の問題で起こるものもあります。以下に、口臭だけでなく、ニオイの場所も特定できる方法について紹介します。

 

唾液で口臭を確認する

唾液のニオイを確認することで、自分の口臭の有無を確認できます。口臭の原因に一つに、口腔内の細菌の繁殖があります。口内で分泌されている唾液は、これらの雑菌とも混ざっているので、唾液に臭いを確認することで、口臭の有無がチェックできるのです。

やり方は、手の甲を舐めて、唾液が乾いたらニオイを嗅ぎます。もし、渇いた唾液がくさいと感じたら、口臭の原因は口の中にあると考えられます。

 

デンタルフロスや糸ようじのニオイを確認する

デンタルフロスは歯と歯の間を掃除するものです。歯ブラシだけでは、十分には食べ物カスや歯垢が取れないので、それが口臭の原因となることがあります。

デンタルフロスや歯間ブラシで、歯の汚れを取り、ニオイを嗅いでみましょう。腐ったような臭いがする場合は、歯の汚れが長い間取りきれていないために、口臭を発生している可能性があります。

このチェック方法で臭いを確認した方は、歯の磨き残しが口臭の原因となっているので、毎日歯を丁寧に磨き、1日1度はデンタルフロスなどを使用してケアを行っていきましょう。

 

舌が白くなっていないか確認する

舌の状態で口臭を確認する方法です。鏡の前で、舌の色を確認しましょう。健康な舌はきれいなピンク色をしています。もし、舌全体が白くなっている場合は、舌に舌苔と呼ばれる汚れが付着している状態です。舌苔があると、雑菌の数が多くなるので、口が臭くなる原因となります。

舌苔のある方は、いつもの歯磨きに舌磨きを行い、口臭を予防しましょう。

 

歯石がないか確認する

歯に歯石があると、歯垢がたまりやすくなり口臭の原因となります。歯の表面がザラザラしており、ブラッシングでも落ちない白い汚れは歯石です。半年に1回は歯科医院に通い、歯科衛生士さんに歯石を除去してもらうと、口内の健康状態にも良いですよ。

 

オキシドール溶液でうがいする

口臭の確認はオキシドール溶液でうがいすることで確認できます。オキシドールの成分には殺菌作用があり、歯肉炎や歯周病で歯茎が腫れていたりすると、発泡します。発泡が強ければ、口腔内に傷があり、そこから口臭がしている可能性があります。

 

歯科医院で口臭チェックを行う

専門医を受診することで、口臭の度合いを確認できます。歯科医院では口臭の治療を行っているところもあり、高いで測定精度の機器にて口のニオイを測定することができます。口臭測定器は、口臭の原因となるVIO(揮発性硫黄化合物)のガスを分類することができ、口臭の原因を特定するのに役立ちます。

口臭が虫歯や歯周病などの口の疾患が原因の場合、治療ができるメリットもあります。

 

普段の生活習慣を確認する

普段からタバコを吸っていたり、お酒をよく飲んだりする人は、タバコならタール、お酒ならアルコールの臭いが呼気に交じって出ることがあり、口臭の原因となることがあります。
タバコやお酒の量を減らすことで、口臭を改善できます。

 

膿栓が出ていないか

膿栓は「ニオイ玉」と呼ばれる、喉の奥から出る白い塊のことです。膿栓は扁桃腺の免疫機能によってできるもので、細菌の死骸の塊でできており、強い悪臭を発します。人によっては扁桃腺の表面の穴が深く、膿栓ができやすい人もいます。

膿栓が出る方は、ウォーターピックで、扁桃腺の表面をきれいにすることができ、臭いを防止できますよ。

未来の口臭チェック方法はこうなる

最近では、スマートフォンの口臭チェックアプリもあります。こちらももちろん、正確な口臭チェックができるものではなく、質問もセットにされているので、それを元に数値が出る仕組みとなっています。話のタネになる程度ですが、他人の口臭を間接的に伝える用としては使えるかもしれません。

しかし、現在、アメリカで本当に口臭チェックができるアプリを開発しているそうです。臭いを感知するセンサーチップをスマートフォンに搭載することで可能になるのだとか。そう遠くない未来では、口臭チェックが手軽にしかも正確にできるようになるかもしれません。