口臭を予防するといわれている5つの食べ物

口臭予防にさまざまなケアをしているという人も多いのではないでしょうか。

ケアも大切ですが、身近な食べ物で口臭を予防できるということをご存知ですか?

 

よく噛んで唾液の量を増やすだけでも口臭予防には大きく役立ちます。

そこで今回は、口臭を予防するといわれている5つの意外な食べ物をご紹介します。

りんごやパイナップル

フルーツは全体的に口臭予防に役立つといわれています。

特にりんごは優秀で「天然の歯ブラシ」と呼ばれるほどです。また、よく噛むことで唾液の量も増えます。

パイナップルには、たんぱく質を分解する酵素が豊富に含まれていますので、口臭予防のサポートをしてくれます。

パイナップルのほかにもパパイヤやキウイなどのフルーツにも酵素が豊富に含まれています。

口臭を予防するといわれている5つの食べ物

お茶

緑茶に含まれているカテキンに口臭を予防する効果があるということはとても有名です。

しかし、口臭予防に効果的なのは緑茶だけではありません。

紅茶やウーロン茶にもカテキンが豊富に含まれているので、適量を飲むと効果的です。

梅干しやレモン

梅干しやレモンには酸味があります。

この酸味はクエン酸と呼ばれ殺菌作用があります。

そのため、口臭の原因となっている細菌を減らしてくれる効果が期待できます。

唾液の分泌量も多くなり、ドライマウスの予防にも効果的です。

是非、毎日の食事に取り入れましょう。

口臭を予防するといわれている5つの食べ物

ヨーグルト

ヨーグルトで口臭予防ができるの? と思われる方も多いかもしれませんね。

ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれており、この乳酸菌が口の中で細菌が繁殖するのを防ぎます。

また、腸内環境を整える効果もあり、体内から口臭予防をしてくれる優秀な食材です。

ただしヨーグルトは無糖のプレーンタイプを選ぶことがポイントです。

おしゃぶり昆布

昆布にはアルギン酸という成分が含まれており、唾液の分泌量を増やす作用があります。

またおしゃぶり昆布をたくさん噛むことによって、自然と唾液の量は増えます。

唾液の量を増やすのにはかなり有効な食材です。

だし昆布を食べやすい大きさに切っただけでもいいですし、おやつ用に市販されているものでも大丈夫です。でも、あまり糖分が多いものは避けたほうが無難です。